メンテナンス~ブレーキペダルの調整とチェーン調整~

category 快適計画
こんにちは、ゆっけです。

奥多摩で練習を始めてから、ブレーキペダルの位置が気になりはじめました。
前に転んだときに曲がったんですが、かるい修正だけで、微調整はおこなっていませんでした。

こんなかんじ

2011-0428 001

外側に向けて跳ね上がるように曲がっているので、効かせ具合の微調整が難しくなっています。
つま先を意識して上げていないと常に踏んでいるような状況になるので、
使い勝手も、ポジションもかなり悪かったと思います。

と、いうことで早速調整しちゃいましょう。

んじゃお約束のあれを・・・

※例のごとく素人作業なので、参考にする際は注意してください。
 何がおきても自己責任でお願いします。



準備するもの
車載道具に入っている10mmと12mmスパナ(だったとおもう・・・

やり方

・右のステップホルダーののぞき窓から見えるマスターシリンダーのナットを緩める。

2011-0428 002

1をはじめに2回転ほど緩めてください。
次に2を締めたり緩めたりするとペダルがあがったり下がったりします。
調整しては跨って様子見・・・気に入らなかったらまた調整してまたがって様子見・・・
を繰り返してください。
ちょうどいい所に来たら1のボルトを締めます。
これで調整は終了です。

しかし、このままだとストップランプが光りっぱなしor消灯しっぱなし
という状況になるので、スイッチの調整も行います。

調整することは下の写真

2011-0313 006

ブレーキフルードタンク右横にラバーっぽい素材で、黒いもの。
ねじ山が見えると思います。
そこについているネジをぐるぐる回して調整してください。

光るのが早すぎても遅すぎてもいけないと思うので、適度なところをきめてね
まぁ、ぶっちゃけ正しい灯火ポイントはわかりません!


以上で調整終わり!!
今回は作業前に跳ね上がったペダルを曲げてから作業しました。
んで、調整後がこちら

2011-0428 003

結構下がりました。
力を抜いてステップに足を乗っけても、ペダルには足が触れるだけ

こりゃあいい!
コーナー入り口でリアを踏むと気持ちの悪いポジションでモヤモヤしていたのですが
下げたおかげですっきり!
遊びの感じもわかりやすく、かつ力も入るバッチシなポジションになりました!

よかったよかった。

あとはしばらくサボっていたチェーンメンテナンスだ!

チェーンを張る作業中は写真をとらなかったので、過程だけ・・・

1.センスタを立てる
2.アクスルシャフトを緩める
3.スウィングアームの一番後ろのダブルナットの内、後ろを緩める
4.前のナットを時計回りに回してチェーンの張りを調整
(ちょっとづつやってください。ゼルの場合2~3cmのたるみです)
5.左右同じ作業を行い、目安を参考に同じ位置にする。
6.前のナットが動かないようにスパナでおさえながら、後ろのナットを締める
7.アクスルシャフトを閉める

以上です。
張りすぎちゃった場合は、4の過程で前ナットを反時計回りに回してタイヤをけってね
位置が前にいったら時計回りにまわして張ればOKです。

チェーンも張れたことだし、こんどはお掃除と注油です。

新聞紙ウォール装備!

2011-0428 004

チェーンクリーナーでごしごしして・・・

2011-0428 005

そ・・・そこそこきれいになった!!

次にチェーンルブを吹いて・・・

2011-0428 006

完成です。
ホワイトのものを使うと、吹いていないところがわかりやすくていいですね。



長くなりましたが、今日のメンテはここまでです。
ブレーキはすっきりだし、チェーンもきれいさっぱりだし、車体も洗ったし。
つけた覚えのない傷が少し気になるけど、気持ちがいいですね!
やっぱり日常メンテナンスは重要だと思った一日でした。

次はなにをしようかな?

ってことで、また次回!

アデュー!

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment