07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

VTR1000F ユーザー車検 in 多摩 

1月16日。ついに車検の日を迎えました。
車検は第一ラウンド、9時からスタートでしたが、手続きで手間取りそうだったので8時に
現地へ向かいました。
多摩ナンバーなので、多摩自動車検査登録事務所です。

現地へ到着してまず自賠責保険を更新しました。

DSC_2933.jpg

赤丸の方で更新です。
手前でもできるのですが、受付が8時30分でしたので、8時から開いている奥へ行ったよ。

DSC_2934.jpg

ココ!

13640円払って自賠責を更新したら、印紙もろもろを購入します。
ひとまずマップとにらめっこ

DSC_2930.jpg

まず①へ向かいます。
受付があるのでそこで「ユーザー車検です」と伝え、その場で用紙を購入します。(20円)
購入したら受付すぐ左隣の窓口で車検証やら自賠責やらを提出。印紙を購入します。(6100円)

購入したら②の建物で記入例にそって記入を行います。
奥の方へ行くと記入台があるので、そこで記入しましょう。(計3枚。認め印はココで使いました。)
記入が終わったら「ユーザー車検」と看板のある窓口へ。記入台のすぐ横です。
ここで必要書類をすべて提示します。(まとめていたファイルを渡しただけw)
ゆっけは間違えて25年度の軽自動車税納付書を持って行ってしましました。
が、検査が終わってからまた持ってきてくださいと指示されたので、そのまま検査へレッツゴー。
あと、定期検査表はここで提出しました。提出したと言っても軽く見られるぐらいなので
記入漏れがなければ、オッケーみたい。


いよいよ検査③です。レーンは③番になります。車検レーンの前で待機します。一番初めに並んだ場合は
検査レーンの中で待ってオッケーみたいです。
この時点で8時50分でした。9時になったら検査スタートです。
まずはウィンカー、ストップランプ、クラクション、ヘッドライト切り替えのチェックです。
それが終わったらマフラー音量測定。検査員ではなく、自分で回転数を4300回転まであげます。
レッドバロンでは96dbでしたが、ここでは99db・・・ギリギリでした。
ここまで終わったら、基本一人で行います。
初めてですと伝えると、かかりの方がつきっきりで指示をしてくれますが
次回受けると器用にメモしておきます。
まず、出力がどちらか聞かれますので、スピードをとっている方を伝えてください。
VTR1000Fは後輪出力です。アクセルワイヤーが前輪に伸びていなければ、たぶん後輪出力です。
自分でやるときは右の操作盤で「後輪」を選択します。

☆手順
1.ブレーキ測定?…ローラーに前輪を乗せる→ニュートラルにする→フットバーを踏む→画面の支持に従ってブレーキ
2.メーター測定?…ローラー後輪を載せる→ニュートラルに入れる→フットバーを踏む→
            タイヤが回るので40kmになったらブレーキ
3.ブレーキ測定?…フットバーを踏む→指示が出たらブレーキをかける。
4.光軸測定→停止線まで前進→ハイビームにする→フットバーを踏んで待つ
5.検査レーン出口まで移動して、バイクを降りて左手にある受付?で用紙を提出してハンコもらって終わり

です。
マフラーがギリギリでしたが、光軸は一発OKでした。Fカウルあたりはいじってないしね・・・
とりあえず手順は覚書なので信頼度ゼロですw
かかりの方にやってもらうのが一番安心かと思います。

ここまできたらあとは資料提出で終わりなのですが、ゆっけは納税書を忘れたので
市役所で再発行してもらいました。手数料0円だったよ。免許証だけでOK。

で、検査場に戻ってきたら再び真ん中の白い建物④へ行きます。
受付をした窓口の右隣へ書類を提出し車検終了です。

DSC_2936.jpg

やったぜ。

ということで、初めてのユーザー車検ですが、わかりやすく説明してくれているホームページがたくさんあるので
特に困ることなく終えることが出来ました。時間もミスがなければ10時までには終われます。
お金も20000円ちょっとなので、お得です。
自己責任ですが、お金を使いたくない人におすすめですね。

最後に、自分用ですが、定期点検シートを記入したものをおいておきます。
ブランク版はインターネットで検索して入手してね。
12ヶ月点検だからね!

DSC_2931.jpg


以上です!

参考にしたサイトさん
目的地外着陸

ぽちっとオナシャス
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

△page top

VTR1000F 車検準備その2 

前回に続き、車検の準備です。
今回は書類系の事を書きます。二年後、自分が困らないようにね・・・・

必要なもの!

1.新しい自賠責保険
当日、検査場の近くで更新すればいいみたい。

2.軽自動車税納税証明書
毎年5月に払っているもの。捨てたら役所で再発行!

3.自動車検査証
シート下に入っている・・・らしい
たぶんレットバロンの赤いファイルに入ってる。

4.定期点検整備記録簿
インターネットでダウンロードしよう。
12か月点検てやつね。

5.認印
僕の場合、ローン支払い中なので名義がレッドバロンです。
でも認印は僕(使用者)のでいいみたい。ほんとか?

と、準備するものはこれぐらいらしい。
おじさんもユーザー車検しているのでブログを参考にしようと思ったんですが
管轄が違うのでいまいち不安だし、調べても書いてあることがばらばらなので
不安ちゃ不安あんですね。

ひとまず、18日の第一ラウンドで予約を取ったのでそれまでに定期点検しようと思います。
日常点検+ねじの増し締めぐらいしかしないけどね・・・HAHAHA

ってことで手抜き日記以上!次回はいよいよ車検・・・?


画像なしだとさびしいので、家で飼っている
風邪引き小麦さんはっときますね ・8・)っ
DSC_2898.jpg


ぽちっとオナシャス
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

△page top

VTR1000F 車検準備その1 

ファイアーさんを購入してそろそろ二年がたとうとしています。
大型バイクで二年というと、車検でございます。

本当はお店に全部お任せしたいのですが、万年ビンボーなので
ユーザー車検をしてみたいと思います。
今回はその準備編です。

まずは交換していたウィンカーを元に戻します。

DSC_2911.jpg

DSC_2912.jpg

びふぉー


DSC_2916.jpg

DSC_2917.jpg

アフター

おおう。やっぱり純正はでかくて野暮ったいですね。
ちなみに装着するのに一時間もかかってしまいました。
はずすのは簡単なんがなぁ。シートカウルまではずしちゃったよ。
挙句の果てに左右逆につけちゃいました。
まぁ、すぐ戻すしいいでしょう・・・


さて、ここまでは簡単。
問題はヨシムラマフラーです。
JMCA認可とはいえ、結構な年代もの。
劣化している可能性も否めません。

はじめは純正もどしする予定だったのですが
めんどうなので、ひとまずレッドバロンで測ってもらいました。

DSC_2922.jpg

さっすがJMCA公認!97年式で排ガスチェックもないので
マフラーはパスです。


とりあえずこんなもんかなぁ
あとはこう軸をなんとなくいじるかもですが、
未定です。

予約も取ったし、あとは書類の準備ですね。
次回は必要書類をまとめようとおもいます。

以上!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。